日本のまほうびん

日本のまほうびんを育てた人々魔法瓶おもしろエピソード

魔法瓶そのルーツは?

1873年(明治6)、イギリスの化学者・物理学者ジェームス・デュワー(1842-1923)は、金属容器を二重壁とし、その両壁間の内部を真空にしたところ断熱効果が認められた。これが真空容器による初めての放熱遮断実験である。
その後、ドイツの物理学者A.F.ヴァインホルトによるガラス容器を使った実験やフランスの物理学者アルセーヌ・ダルソンヴァールによる実験が行われた。

1892年(明治25)、デュワーがガラス2重瓶真空内壁に銀メッキを施し、鏡のように光らせて輻射による熱の損失をくいとめる実験器具を作り出した。これは今日の魔法瓶と基本原理において全く同じであった。

1904年(明治37)、ドイツのラインホルト・ブルガーが、初めて家庭用の保温保冷器具として製品化し、「テルモス」と名付けて売り出した。テルモスとは"熱"を意味するギリシア語から来た言葉で、公募で選ばれた商品名である。
その後、ドイツ、イギリスを中心に魔法瓶は次第に工業化されていった。

参考文献: 『タイガー魔法瓶70年のあゆみ』平成5年 タイガー魔法瓶株式会社
『象印マホービン70年史』 平成元年 象印マホービン株式会社

ジェームス・デュワーデュワー瓶

日本にやって来た魔法瓶

日本に魔法瓶が輸入されたのは明治41年(1908)。
ドイツサーモス社製の魔法瓶の広告には「驚くべき発明なる寒暖瓶」と表記されている。
また、魔法瓶が広く知られるようになったのは、伊藤喜商店(現・株式会社イトーキ)2代目・伊藤喜十郎氏が、明治43年(1910)に東京の鉄砲店に試験的に展示されていた魔法瓶を見つけて、大々的に宣伝販売を行ったことによるとされている。

国産第一号の魔法瓶が登場したのは、明治45年(1912)。神戸高商出の日本電球会社の八木亭二郎氏が輸入品を解体研究して、電球製造の際に用いる真空技術を応用し完成させ、同年に「八木魔法器製作所」を設立している。また、大阪江戸堀の瓶製造者竹森三之助も魔法瓶製造を試みていたという説もあり、八木と竹森の協力のもと安定した製品が初めて供給できるようになったとも言われている。魔法瓶の製造を試みたのは八木魔法器製作所のほか、八木の協力者の一人である磯部金吾(現・ダイヤモンド魔法瓶工業)、星印電明社(現・オルゴ)、山中辰商会、山富洋行、兎印中西魔法器製造所など。

参考文献: 『タイガー魔法瓶70年のあゆみ』平成5年 タイガー魔法瓶株式会社
『象印マホービン70年史』 平成元年 象印マホービン株式会社
『日本の魔法瓶』 昭和58年 全国魔法瓶工業組合
『イトーキ100年史』 平成3年 株式会社イトーキ

驚くべき発明なる寒暖瓶写真

皇室へまほうびんを献上(タイガー)

(1)昭和29年(1954) 広口ジャー
昭和天皇がこの年北海道に行幸された際に初めてジャーをご覧になってことのほか関心をお持ちになり、宮内庁よりご用命があった。

(2)昭和39年(1964) 携帯用まほうびん
アウトドアがお好きな当時の皇太子殿下(今上天皇)に携帯用まほうびんを2本献上した。

宣伝カーでの拡販作戦(各社:タイガー・象印・エベレスト)

昭和31年(1956)から国内需要が急速に伸び始めていたまほうびんを、消費者に身近に知ってもらうため、各社工夫を凝らした宣伝カーによる全国PR活動に乗り出した。

写真1写真2
写真3写真4
写真5

極寒の地で活躍(象印・エベレスト・タイガー)

(1)昭和32年(1957)南極観測船「宗谷」に象印のまほうびんが積み込まれ、乗組員一同に愛用されて人気を集め、世界のまほうびんとして称賛の的になった。
(2)昭和37年(1962)大阪府立大学東北ネパール学術調査隊が世界最高峰エベレスト登頂に成功した際、「エベレストⅤボットル」を携帯。
(3)昭和40年(1965)南極観測船「ふじ」に「象印ポット」Z−1400とGH−1500を20本寄贈、極地での暖かい飲食用として役立った。
(4)昭和50年(1975)ヒマラヤのドウラギリ主峰(8167m)登山隊のベースキャンプで象印「モアポット」使用される。
(5)昭和58年(1983)日本人初のエベレスト無酸素登頂(山岳同士会・川村隊長)にタイガー「ダブルステンボトル」が活躍。

写真1当時の記事

全国魔法瓶まつり(各社)

当時の記事昭和36年(1961)の秋、全国魔法瓶協同組合主催(大阪通産局、大阪府・市、府下商工会議所後援、東京・名古屋・大阪・神戸・京都金物組合ならびに社団法人日本硝子製品工業会協賛)の「全国魔法瓶まつり」が開催された。
「500万円が当たる魔法瓶まつり」というキャッチフレーズで9月1日から全国一斉に3ヶ月間、14台の宣伝カーが各地をパレード。
予想以上の好評で当選者を2割増やすという盛況。12月9日に抽選会が浜村淳氏の司会で行われた。

大阪万国博覧会に出展(象印)

当時の記事昭和45年(1970)3月、大阪万国博覧会の生活産業館に象印が出展。テーマは「花のある朝」。
連日多数の観客が訪れ、3名のコンパニオンの案内と印象深い展示で、象印のイメージ浸透に大きな効果を挙げた。

写真1写真2

小学三年生に「しあわせの魔法瓶」連載(タイガー)

平成元年(1989)小学館発行の学習雑誌「小学三年生」にタイガー創業者故・菊池武範会長の伝記「菊池武範物語」がストーリー漫画で掲載された。
この編集は現代日本の基礎を築いた立志伝中の人々の生涯と業績を紹介し、日本の未来を担う子供たちの道標になることを願って企画されたもので、<現代伝記まんが図書館>のひとつとして2月号と3月号とに連載された。

大阪天満宮新鳥居にステンレスまほうびん(タイムカプセル用)奉納(象印)

大阪天満宮社報平成7年(1995)1月17日に発生した阪神淡路大震災の際、天満宮西南にある石造鳥居が倒壊する危険な状態になったため当日深夜に撤去、新たに鋼製の鳥居を建立することとなった。
新鳥居は同年6月28日夜間に建立され、その際に象印より奉納された「ステンレス真空調理鍋」SNB-B45に大震災の新聞記事や天満宮の古い境内図(版画)、関連図書などを納め、寺井宮司の手によって鳥居北側の鋼製柱内に納められた。
大阪天満宮社報「てんまてんじん」第28号によると、タイムカプセルの取り出しは「御神退一千二百年祭(2102年)に改める予定」とある。
当時の記事

野口みずきアテネオリンピックで優勝、ステンレス給水ボトル(象印)

平成16年(2004)8月22日、アテネオリンピック女子マラソン。2時間26分のトップでゴールを切ったのは日本代表の野口みずき。日本中が沸いたこの勝利の陰に、象印が提供した特別仕様の給水ボトルがあった。
外気温40℃の条件の中でも見事な保冷機能を発揮し、金メダルという最高の感動を味わった野口選手は、「象印のボトルは私の命を助けてくれた。金メダル級のボトルです。」と絶賛した。

APEC首脳に「真空チタン製カップ」を進呈(セブン・セブン)

写真平成22年(2010)11月に日本で開催されたAPEC2010、「日本の技術でおもてなし」というテーマに合致したとして、参加20カ国首脳への贈答品として「真空チタンカップ」Keshikiシリーズが選ばれた。
11月14日のランチ時には新作のワインカップで乾杯もされた。

エコマークアワード2011「プロダクト・オブ・ザ・イヤー」受賞(サーモス)

画像財団法人日本環境協会が創設したエコマークアワードにおいて、サーモスのステンレスボトルが、「2011年プロダクト・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。
この賞は全エコマーク認定商品の中から、特に環境性能や先進性、エコフレンドリーデザインなどに優れた商品に贈られるもので、2011年に新設され、今回が初の選考・表彰となった。
受賞理由としては「飲料容器を廃棄する従来のライフスタイルから、身近なエコとして繰り返し使え、廃棄物が発生しないマイボトルへの転換を促進し、電気やガスなどのエネルギーを使用しないため、地球温暖化の防止にも貢献した」点が、高く評価された。

1963(昭和38)年当時のメーカー(製造販売会社)

「マホー瓶名鑑」(全国魔法瓶協同組合創立10周年記念出版紙・掲載順)

1983(昭和58)年当時のメーカー(製造販売会社)

↑このページのトップへ